0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2020.11.21

スケルトンリフォームとは?意味やメリットをわかりやすく解説します

近年、中古物件などをリフォームする人が多いですよね。中古物件でなくとも、「自宅をきれいにしたい」「バリアフリーにしたい」「家族が住みやすい空間を実現したい」とさまざまな理由でリフォームをする方がいらっしゃいます。

そこで、今注目度が高まっているのがスケルトンリフォームなんです。みなさんは、スケルトンリフォームの特徴やメリットについて、きちんと理解しているでしょうか。リフォームは大きなお金が動くことですから、きちんと理解しておくことが大切でしょう。

 

この記事では、「スケルトンリフォームとは?」「普通のリフォームとどう違うの?」といったところを詳しくご紹介します。ぜひ、リフォームプランを考える際に参考にしてください。

 

スケルトンリフォームとは?メリットは?

スケルトンリフォームとは、家の柱、漆、床と言った家の骨組みに当たる部分以外のすべてを新しいものに交換するリフォームのことを指します。

リフォームを検討する場合、「フルリフォームしたい」という方と「玄関だけ」「水回り設備だけ」といったように、家の一部の設備のみをリフォームする方がいるでしょう。もちろん、骨組み以外を新しくするフルリフォームのひとつであるスケルトンリフォームはの時間もお金もかかりますが、スケルトンリフォームにはたくさんのメリットがあるのです。

 

メリット1.好きな間取りへ変更可能

まず、スケルトンリフォームの大きなメリットは、好きな間取りに変更できる点です。たとえば、子どもの自立など家を出る家族が増えると空き部屋が増え、どうにか有効活用したいと考える方も多いでしょう。

そこで、スケルトンリフォームをすれば、間取りをかえたり空き部屋を他の部屋と合体させたりすることで、スペースの有効活用が可能になります。

 

メリット2.水道管や電気配線の刷新が可能

また、スケルトンリフォームで水道管や電気配線などを刷新することも可能です。水道管や電気配線などの設備は毎日使用するものなので、他の設備に比べて劣化するスピードが早く「他は大丈夫なのに……」と不調を感じるケースが多々あります。

スケルトンリフォームはそれらを新しいものに刷新することが可能で、さらに全室に無線LANを整備するなど新しい機能を追加することもできます。

また、水道管、電気配線の刷新が可能になることで、キッチンやトイレ、バスルームなどの水回り設備の場所を変更することも可能です。

 

メリット3.さまざまな悩みにアプローチ可能

そして、骨組み以外をリフォームするスケルトンリフォームなら、さまざまなお悩みにアプローチできることも魅力です。

 

<例1:耐震性>

たとえば、築年数の古いお家や木造建築の場合は、耐震性に不安を感じている方も多いです。しかし、スケルトンリフォームなら、リフォームの際に筋交いや耐震ダンパーなどを設置することで、耐震性を向上させることができます。

<例2:断熱性>

また、「夏は暑すぎるし冬は寒すぎる」というお家内部の温度に不満を抱えている方も多いでしょう。この場合、スケルトンリフォームをする際、外壁の交換時に断熱材を追加することで、快適な暮らしにアプローチすることが可能です。

部分的なリフォームでは叶わない大がかりなことも、スケルトンリフォームなら叶えることが可能です。

 

思いを形にできるスケルトンリフォームの魅力

スケルトンリフォームは骨組み以外を新しくする大掛かりなリフォームであるが故に、間取りの変更、水道管や電気配線の刷新、その他家の機能性に関わる部分の変更・追加など、一部だけをきれいにする一般的なリフォームでは難しいような部位に手を加えることが可能です。

しかし、スケルトンリフォームのような大掛かりなリフォームは必然的に費用がかさみ、状況によっては新築や建て替えに要する費用よりも高くなってしまうケースもあります。そのため、きちんとリフォームプランを考える段階で予算と実現したいことをバランスよく組み合わせることが大切です。

ただ、費用がかかってしまっても「慣れ親しんだ家にずっと住み続けたい」「家族で長く住んできたこの場所で今の生活にあった空間を実現したい」という思いを叶えられるのは、新築の購入や建て替えではなく、スケルトンリフォームではないでしょうか。

 

リフォームのことならお気軽にご相談ください

リフォームは、人生で何度も訪れる瞬間ではありません。後悔のないリフォームを実現するためにも、しっかりプランニングしていきましょう。その際には、ぜひ弊社もお手伝いさせていただけると幸いです。

< 新着情報 TOPへ