0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2020.12.06

【失敗しない二世帯住宅】リフォームと建て替えのメリットとデメリットと選択のポイント

近年、二世帯住宅が改めて見直されてきています。昔と違って、一つの家に大家族が住むというスタイルではなく、同じ建物であっても別世帯を実現できるようになってきたことが大きな理由かもしれません。

さて、いざ二世帯住宅にしようと思ったとき、問題になるのは家をリフォームするのか建て替えるのかということです。家は一生のものです。失敗しない二世帯住宅の実現のために、自分に合う方法を考えてみませんか?

 

二世帯住宅の需要が高まってきている

二世帯住宅というと昔の家族のスタイルという印象が強くお互いに大変そうなイメージがありますが、現代においては決してそんなことはありません。とくに、今は子育て世代が共働きであることが多く、親の協力を得て子供を育てることができるのは大きなメリットです。

また、親世代は高齢であるため体調の変化も離れているとなかなか気づくことができませんが、二世帯住宅であれば安否確認もすぐにできるので安心です。

 

金銭面でのメリットもある

二世帯住宅は金銭面でも大きく利点があります。電気・ガス・水道代などは共有する部分が多いほど節約になります。また相続税が安くなることも魅力です。二世帯住宅に住んでいる人は「小規模宅地等の特例」が適用され、相続する土地などに対して一定の面積まで相続税の評価額を最大80%減額されます。

そして、親世代と子世代で住宅にかかる費用を分担できるので、理想の家が建てやすくなります。さらに親世代が土地を持っていれば大きく節約でき、もともと住宅がある場合でもリフォームができます。

 

二世帯を実現する2つの方法

次に、二世帯住宅を建て替えとリフォームの両方で見ていきましょう。

 

家をリフォームする

親世代が家を持っている場合は、リフォームがまず思い浮かぶのではないでしょうか。普通の一戸建てにそのまま二世帯が住む完全同居型や、玄関や浴室など一部を共用する部分共用型はリフォームに向いていると言えます。

完全同居型は、プライバシーが確保しにくいというデメリットはあるものの、親世代が亡くなった後でも普通の一戸建てと変わらず生活できるところが魅力です。部分共用型は1階部分が親世帯、2階部分が子世帯など居住空間は独立させながらも一部は共用することで、世帯同士の距離感が近くなるところが特徴です。こちらもプライバシーの確保と、ガスや水道料金の分配の難しさといった問題はあります。

 

<リフォームでできること>

元々ある家を利用するので、動線を変えずに生活できるのがよいところです。また、かつて住んでいた家の面影を残しながらリフォームすれば思い入れのある家に住み続けることができます。共用する部分を決める場合は、生活スタイルを考え、夜遅くてお風呂のタイミングが違うなら浴室は共用にする、その代わりトイレやキッチンを増設するなどプライバシーを守りながらも費用を抑えたリフォームを目指しましょう。

 

家を建て替える

完全分離型の入口が二つあり水回りもすべて二つずつある、完全に別の二つの住宅をくっつけたような二世帯住宅を作りたい場合は家の建て替えがおすすめです。もちろん完全分離型をリフォームで作ることも可能ですが、既存の間取りを利用するため動線が悪くなってしまう場合があります。

 

<建て替えでできること>

既存の家のつくりを気にせずに二世帯住宅を建てることができることが特徴です。耐震性などの観点から増改築が難しい間取りも問題なくプランニングできます。そのため理想の形にするには建て替えが一番効率的です。ただし、すべての設備を二軒分用意するという点で総費用の高額化に注意しましょう。

 

理想の二世帯住宅を作るために

最後に、理想の二世帯住宅を実現するために大切なことをお伝えしておきます。

 

ヒアリングは別々に

せっかく理想の家を建てたいと思っていても、どちらかが遠慮してしまうと思い描いた二世帯住宅になりません。そこでおすすめしたいのが別々のヒアリングです。どんな家にしたいのか、それぞれの世帯で希望をヒアリングすることによって本音で話すことができます。二世帯住宅を建てる前から我慢することはやめましょう。

 

費用も考えて

理想を盛り込んだ二世帯住宅を建ててしまうと、どうしても普通の一戸建て住宅よりも費用はかさみます。折半して建てるから問題ないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、親の老後の資金や介護資金などのことも考えると少しでもお金は残しておきたいですよね。理想と費用のバランスも考えながらプランニングしていきましょう。

 

二世帯で暮らすことにメリットもデメリットもあります。しかし、自分たちが満足できる住宅を作ることができればデメリットは減らしていけます。建て替えで新築の二世帯を作ることも理想ですが、リフォームであっても費用を抑えながら希望を叶えることが可能です。

見積もりは無料となっておりますので、まずは一度ご相談していただきご要望をお聞かせください。一緒に理想の二世帯住宅を作っていきましょう。

< 新着情報 TOPへ