外壁塗装

外壁塗装の目的

外壁塗装の目的は大きく3つあります。

外壁塗装の目的

1.家を保護する

外壁塗装の一番の目的は家を保護することです。外壁は雨風や紫外線などの影響を直接受けるため、塗装が剥がれてしまい耐久性が下がっていきます。状態が悪化すると、ひび割れや家の土台に影響を与える可能性もあり、家の安全性に関わってきます。
塗装することで壁に強度を持たせ、家を保護することができます。

外壁塗装の目的は、劣化原因からお家を守ることです

2.美観を保つ

時間の経過により色褪せてしまった外壁を生まれ変わらせるのも、外壁塗装の重要な役割です。塗料の色や性能によっても、全く違った印象を与えることができます。

外壁塗装で、まるで新築のような外観に

3.防水・防汚性の向上

劣化した外壁はひび割れがおき、そこから雨水が流れこんでしまいます。雨漏りが原因で家の土台を腐らせたり、コケや藻が生えて、微生物やシロアリの住処となってしまう可能性があります。そうなると安心して住むことができません。
そうならないためにも、防水・防汚性のある塗料で事前に防ぐことができます。

防水・防汚性にすぐれた塗料で雨漏り対策

外壁塗装の必要性

お家は常に雨風や紫外線にさらされており、目に見える大きな傷がなくてもダメージを受けています。
このような外部環境により、塗装が剥がれたり小さな亀裂が生じます。小さな亀裂を放置していると、そこから徐々に雨水が内部へ浸入してしまいます。雨漏りによる被害は、初期段階では症状は見えずらいですが、時間が経過すると共にカビが発生したり建物の土台を腐らせたりして、健康被害へもつながることもあるのです。
また、そうなると単純に外壁塗装の塗り替えをるすだけでは済まなくなります。住まいの立て直しや部分的に改修工事が必要になってしまうなど、想像以上に費用がかさんでしまう場合もあります。
今、目に見える悩みや被害がなくても、大切な住まいを守るためには外壁塗装は必要な作業なのです。

外壁塗装は、住まいを守るための大切なお手入れです


外壁塗装のタイミング・サイン

以下のような劣化症状が見られる場合は、塗料の機能が失われてきているサインです!

代表的な外壁劣化症状をCheck!

チョーキング現象

チョーキング現象

注目すべきは、チョーキングという外壁に白い粉が付く現象です。チョーキング現象は、触れてみるとよくわかります。
これは、紫外線などによる劣化症状です。放っておくとカビやひび割れの原因になり、建物全体に影響を与えるおそれがあるため、早急な対応が必要です。

ひび割れ・剥がれ

ひび割れ・剥がれ

ひび割れやコーキング剤の剥がれが起こっている場合、既にそこから雨水が浸透している可能性があるので、こういった症状がでている場合もすぐに対処が必要です。

塗料の種類

塗料の種類

塗料の種類
耐久性は3年~20年と幅広く、一般的には10年前後が目安といわれます。ただし、耐用年数10年といっても、塗料の耐用年数はあくまでも目安になり、外壁の状況によってメンテナンスする時期は変わります。
潮風の強い地域や台風の影響がある地域は、劣化が早く進む傾向にあります。たとえ耐用年数が15年だとしても、10年程度でひびが入ってしまうこともあります。そのため、総合的に判断して最適な塗料を選ぶ必要があり、長期的にみてコスト削減かどうかも含めて考えることが大切です。
どれを選べばいいか分からない方は、ご安心ください。私たちがお住いのご状況や状態、外部環境から最適な塗料選びをお手伝いいたします。

塗料の工程

塗料の工程

近隣へのご挨拶
1.近隣へのご挨拶

仮設工事
2.仮設工事

高圧洗浄作業
3.高圧洗浄作業

下地補修
4.下地補修

養生
5.養生

下塗り
6.下塗り

中塗り・上塗り
7.中塗り・上塗り

点検
8.点検

足場解体
9.足場解体


施工事例

外壁屋根塗装工事
基礎補強工事
外構リフォーム
ベランダ防水工事

施工事例一覧はこちら


外壁工事の種類

外壁工事は塗装だけではありません!
他にもこんな工事を行なうことが可能です。

張り替え工事

張り替え工事

外壁の状態が、外壁の内側になる下地や構造材まで劣化している場合に施工されることが多い工法です。今あるサイディングを新しいサイディングに張り替えます。雨漏りなど既に状態が悪化している場合に行ないます。
下地までメンテナンスするため、雨漏りだけではなく耐震強化にも繋がります。長年サイディングのメンテナンスをしていないお家は張り替え工法を検討してみるのも◎

カバー工法

カバー工法

今あるサイディングを撤去せずに、その上から新しいサイディングを重ね張りする工法です。撤去の必要がないため、費用や工期が比較的抑えることができます。塗装や補修では対処できないほど外壁の劣化が激しい場合に、カバー工法をおすすめすることが多いです。


外壁塗装ご依頼の流れ

お問い合わせ

1.お問い合わせ

屋根塗装やその他専門スタッフが親身に対応し、リフォームをお考えの部分やご希望などをお伺いいたします。お気軽にご相談ください。

ご訪問・ヒアリング

2.ご訪問・ヒアリング

お客様のご都合に合わせた日時に担当スタッフがお伺いさせていただきます。お悩みやお困りごと、ご相談など何でもお話しください。

現地調査

3.現地調査

プロの目で現場を入念にチェックさせていただき、正確な寸法を計測しつつ、ご希望などをお伺いし具体的なプラン作成の参考にさせていただきます。またお客様が気づいておられない隠れた症状が見つかる事もあります。

お見積り提示・ご説明

4.お見積り提示・ご説明(2~3回)

現場の調査をもとに現在のお悩みに一番ベストなプラン・お見積りをご提案させていただきます。お客様とプランをもとに、具体的な工事の内容、流れや日程、実際に使用する商品について、丁寧にご説明させていただきます。ご心配なこと、疑問点がございましたら担当スタッフに何でもお尋ねください。

ご承諾・ご契約

5.ご承諾・ご契約

ご提案内容にご納得いただけましたら、契約となります。着工前には、担当スタッフがご近所の方々へご挨拶をさせていただきます。ご安心いただけるよう、ご挨拶だけでなく工事中の注意事項もご説明させていただきます。

日程調整

6.日程調整

工事開始日は、お客様のご状況に合わせてご相談させていただきながら決定します。

工事着工

7.工事着工

工事中は担当スタッフが定期的に現場に足を運びます。工事が順調に進んでいるかだけでなく、現場で問題が起きていないかご近所にご迷惑がかかっていないかなど、細やかなチェックをさせていただきます。また進捗状況も定期的にご報告いたします。ご質問があれば遠慮なくおたずねください。

工事完了~お引渡し

8.工事完了~お引渡し

無事工事が完了しましたら、お客様お立ち会いのもと仕上がりをご確認いただきます。工事完了書にサインをいただいた後、お引渡しとなります。

お支払い

9.お支払い

工事費用については、着工前と工事完了後にいただいております。お支払い方法も契約時にしっかりとご説明いたします。「保証書」を発行し、工事完了後もあなたのお住まいを責任をもってお守りいたします。何かお気づきの点がございましたら、お気軽に担当スタッフまでご連絡ください。

お問い合わせ・相談はこちらから

お役立ち情報

  1. 日本でおなじみの畳ですが、「フローリングは掃除が楽だけど、畳…
  2. 玄関は人と物が多く出入りする場所ですが、収納場所が少ないとお…
  3. リフォーム依頼をしようと会社を調べたものの、「リフォーム会社…
  4. 暖房を使っても寒い家にお悩みなら、床暖房の設置をおすすめしま…
  5. 「キッチンが使いづらい」「新しい設備を取り入れたい」などキッ…