0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2021.10.11

トイレのキレイを保ちたくなるおしゃれな壁紙リフォームのポイント

「トイレ全体をリフォームしたい」と考えて、壁紙の張替えを検討する方は少なくありません。しかし、どんな壁紙を選んだらよいか悩んでしまいますよね。

今回は、トイレのおしゃれな壁紙リフォームのポイントを解説します。また機能付き壁紙や費用相場まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

限られたスペースだからこそできること

トイレは、家の中では比較的狭い空間です。他の場所ではうるさく見えがちな派手な壁紙や、世界観を追求した空間づくりが行いやすい場所です。そのため派手な壁紙や柄物の壁紙に挑戦したい方は、最適な空間になります。

 

派手な壁紙に挑戦

 

トイレは比較的狭い空間になるため、派手な壁紙に挑戦する部屋として最適です。別の部屋の壁紙をシンプルにまとめている場合は、トイレの壁紙を派手にすることで変化を楽しむことができます。

 

ただしトイレの壁紙を派手にする場合は、落ち着きのない雰囲気になってしまいます。そのため、落ち着いて用を足す方にはおすすめできません。トイレの内装にこだわりたい方に限り、派手な壁紙に挑戦してみてもよいでしょう。

 

アクセントクロスでうるさくなりすぎない

 

トイレでアクセントクロスを施工する場合は、主張しすぎないように注意が必要です。アクセントクロスは一部の壁紙に違う色を取り入れることで、単調だった印象をガラリと変えてくれます。

 

しかしアクセントクロス自体が目立ってしまうと、かえって落ち着かない空間になってしまうのです。たとえば原色や派手な色は目立ってしまうため、できるだけ避けるようにしましょう。

 

ちなみにトイレのアクセントクロスには、淡いグレーや水色など白に近い色がおすすめです。白に近い色を基調にすることで、落ち着きを保ちつつおしゃれにアレンジできます。また白に近い色はトイレの清潔感までアップさせてくれます。

 

腰壁部分だけに柄物を使ってみる

 

柄物の壁紙を取り入れたい場合は、腰壁部分だけ使用するのがおすすめです。柄物の壁紙は、面積が大きくなると圧迫感を与えてしまいます。そのため、もともと狭いトイレをさらに狭く感じさせてしまうでしょう。

 

また柄物を壁に取り入れてしまうと、天井との継ぎ目がちぐはぐになります。せっかくおしゃれな柄物でも違和感を与えてしまうのです。柄物でアクセントをつけたい方は、壁や天井に取り入れるのではなく腰壁部分に施工するのがおすすめです。

 

あると嬉しい機能付き壁紙

壁紙には、特殊な加工によってさまざまな機能付き壁紙があります。ここでは、主にあると嬉しい4つの機能付き壁紙を解説します。

 

消臭機能付き壁紙

 

消臭機能付き壁紙とは、臭いを抑えてくれる壁紙です。壁紙の表面に消臭剤が加工されているため、臭いを消してくれます。

 

特にトイレは用を足す場所なので、壁にアンモニアが付着しやすい環境です。しかし、消臭機能付き壁紙を施工することで、アンモニアを吸収及び分解してくれます。トイレ特有の臭いを抑えてくれるため、清潔な空間にしてくれます。

 

汚れ防止機能付き壁紙

 

トイレは臭いだけでなく、汚れも壁面に付着しやすいです。そこで汚れ防止機能付き壁紙を施工することで、汚れが付きづらくなります。

 

汚れ防止機能付き壁紙は、表面にラミネート加工でコーティングされています。そのため、汚れが付着しても水拭きで簡単にとることが可能です。汚れが壁紙に染み込まずに済むので日々の掃除を楽にしてくれます。

 

防カビ機能付き壁紙

 

トイレには、防カビ機能付き壁紙もおすすめです。防カビ機能付き壁紙は透湿性に優れているため、壁を通して湿気を排出することが可能です。

 

特に手洗いタンクの裏やタオル掛けの裏などは、空気が流れにくく湿気が溜まりやすい場所になります。防カビ機能付き壁紙を施工することで、壁紙自体が湿気を排出してくれるため結露やカビの発生を抑制することができます。

 

吸放湿機能付き壁紙

 

結露やカビの発生を抑制する壁紙には、吸放湿機能付き壁紙もあります。吸放湿機能付き壁紙はトイレの湿気をコントロール可能です。

 

トイレ内の湿気を吸収してくれるため、結露やカビの発生を抑えることができます。また乾燥時には水分を排出してくれるので、トイレの湿度を調整する働きもあります。そのため、トイレの湿度を快適に保ちたい方におすすめの壁紙です。

 

トイレの壁紙リフォームの相場はいくら

トイレの壁紙リフォームにかかる費用は、約2万5000円~4万円が相場です。一般的な家庭のトイレの面積1帖分にかかる費用であり、面積が大きくなるとさらに高額になります。また壁紙を一面のみ張り替える場合は、約1万円程度の費用が一般的です。

 

ただし、機能付き壁紙や輸入壁紙の場合はスタンダードな壁紙に比べて5,000円程度割高になります。他にも壁に修繕が必要な場合は、修繕費まで発生するので注意が必要です。そのためトイレの壁紙をリフォームする際は、リフォーム会社に具体的な費用を聞いておきましょう。

 

掃除したくなるトイレを手に入れよう

トイレはおしゃれな壁紙をリフォームすることで、キレイを保ち続けたくなります。限られたスペースだからこそ、派手な壁紙やアクセントクロスなど個性を楽しむ場所として最適です。

 

ただし、あまりにも派手すぎてしまうと落ち着きのない空間になります。派手にデザインする際は、バランスを考えて配色するのがポイントです。また、壁紙によってさまざまな機能があります。消臭機能や汚れ防止機能などの効果が得られる壁紙もあるため、快適なトイレ空間に仕上げてくれます。

< 新着情報 TOPへ