0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2021.09.27

【築40年】リフォームか建て替えか。5つの判断基準で答えがわかる!

「築40年の住まいを修理したい」と考えて、リフォームを検討する方は少なくありません。しかし築40年の建物になると建物全体が劣化しているため、費用が高額になってしまいます。

この記事では、築40年の住まいはリフォームよりも建て替えの方が良い理由を解説します。またリフォームか建て替えかを検討する際の判断基準まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

築40年なら建て替えがオススメ

築40年の住まいは、リフォームよりも建て替える方がおすすめです。なぜなら、築40年の住まいは建物全体が劣化しているからです。

 

建物全体のリフォームを行う場合は、大規模な工事となるため高額な費用がかかります。建て替えの費用と金額差が少なくなるため、いっそのこと建て替えた方がよくなります。

 

建て替えをおすすめする理由

築40年の住まいには、建て替えするおすすめです。以下では、築40年の住まいは旧耐震基準による建物であることや、大規模な耐震工事が必要となる理由について解説します。

 

旧耐震基準である

 

築40年の建物は、旧耐震基準で建築されています。旧耐震基準の建物は現在の新耐震基準の建物よりも耐震性が弱いため、大地震が起こった際は倒壊する恐れがあるのです。大地震から身を守るためにも築40年の住まいは、耐震工事が必要となります。

 

大規模な耐震工事は高額

 

築40年の建物には、大規模な耐震工事が必要です。一般的な耐震工事では、金属フレームの補強や耐圧壁の貼り付け程度で済みます。しかし、築40年になると柱が朽ちている可能性が高いため、柱の交換が必要となる場合があります

 

柱の交換が必要な場合は大規模な工事となるため、耐震工事の費用も高額です。そのため、リフォームするよりも建て替える方が良い場合があります。

 

5つの判断基準

リフォームか建て替えかで悩む場合は、5つの判断基準で選ぶのがおすすめです。以下では、リフォームと建て替えの違いを5つの判断基準をもとに比較していきます。

 

それぞれの費用相場を知る

 

リフォームか建て替えかで悩んだら、まず検討したいのが費用についてです。以下に、リフォームと建て替えの費用相場を表にまとめました。

 

工事内容 費用相場
スケルトンリフォーム 1,000〜2,000万円
建て替え 2,000〜4,000万円

 

住まい全体のリフォームとなるスケルトンリフォームの工事費用は、1,000〜2,000万円が一般的です。建て替えは2,000万円から可能なため、スケルトンリフォームで同額程度の費用がかかる場合は建て替えを検討した方がよいでしょう

 

今だけでなく、今後かかる費用も考える

 

リフォームか建て替えかを選ぶ際は、今後かかる費用も考慮する必要があります。なぜなら、リフォームで完全に現状回復するわけではないからです。

 

たとえリフォームしたとしても、建て替えに比べて耐久年数は短いです。短いスパンで補修工事が必要となってしまうので、今後かかる費用は大きくなります。長期的に見ると建て替えの方がお得になるでしょう。

 

あと何年住むか考える

 

築40年の住まいに、あと何年住むのかも判断基準の1つになります。前述したとおり、リフォームで完全に修復できるわけではありません。また劣化が激しい場合はリフォームでは解決できない場合もあります。

 

しかし、建て替えであれば劣化具合に関係なく工事可能です。耐久年数も新築と変わらないため、長期的に暮らす場合に向いています。

 

今後、建物に住む人を考える

 

今後住まいの相続を考えている場合も、建て替えがおすすめです。なぜなら、リフォームによる間取り変更では制限があるからです。

 

リフォームで間取り変更を行う場合に、柱が邪魔になる場合があります。しかし柱は構造により撤去できないケースがあるため、自由に間取り変更ができなくなります。今後子供に建物を相続させる場合は、当人の意見も聞く必要があるでしょう。

 

建築基準法を確認する

 

建て替えを検討する際は、建築基準法も確認する必要があります。なぜなら、建築基準法によっては建て替えができない場合があるからです。

 

建築基準法によると都市計画区域内で建物を建てる場合は、原則道路に接道する義務があります。仮に接道義務を満たしていない建物は、建て替えが不可能になるためリフォームしかできなくなるため注意が必要です。

 

リフォームをオススメするケース

一般的に、築40年の住まいには建て替えをするのがおすすめです。しかし、建物の状態や今後住む予定がない場合はリフォームで済ませても問題ないケースがあります。以下に、リフォームをおすすめするケースを解説します。

 

建物をこまめにメンテしてきた

 

建物をこまめにメンテナンスしてきた場合は、リフォームがおすすめです。こまめにメンテナンスした建物は、メンテナンスしてこなかった建物に比べて劣化具合はそこまで悪くありません。劣化自体はしていますが、緊急性が高いわけではないのでリフォームで済ませることが可能です。

 

あと40年も住まない

 

40年後も住む予定がない場合は、リフォームがおすすめです。築40年の建物はリフォームすることで、ある程度住める状態まで回復できます。建て替えよりも耐久年数は短いですが、40年後も住む予定がない場合はリフォームで十分です。

 

相続の予定がない

 

相続の予定がない場合もリフォームがおすすめです。住まいを相続する予定がない場合は、建物を長く残す必要性がありません。そのため、わざわざ建て替える必要がなくなります。工事費用も抑えられるため、リフォームで済ませるのがよいでしょう。

 

まとめ

築40年の住まいは、旧耐震基準を元に建てられた建物です。リフォームで耐震工事を行うことは可能ですが、大規模な工事となるため費用は高額です。そのためリフォームするくらいなら、建て替えた方が長期的に見てもお得でしょう。

 

ただし、費用については建て替えの方が高くなってしまいます。長期的に住む予定のない方はリフォームで済ませても問題ありません。ぜひ、今回紹介した5つの判断基準を参考に検討してみてください。

< 新着情報 TOPへ