0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2021.09.13

団地リフォーム大解剖!リノベーションとの違い・注意点と費用まで

「団地のお部屋を快適にしたい」と考えて、団地のリフォームを検討している方も多いですよね。しかし、どこからリフォームしたらよいかわからずに踏み切れないケースは少なくありません。

今回は、団地を暮らしやすくする方法について紹介します。またリノベーションとの違いや注意点まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

団地を暮らしやすくする2つの方法

団地を暮らしやすくするには「リフォーム」と「リノベーション」の2つの方法があります。以下では、リフォームとリノベーションの違いやリフォームするメリットを紹介します。

 

「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは

 

リフォームとリノベーションは工事の目的が違います。リフォームの目的は、老朽化した建物を新築時の状態に戻すことです。そのため、老朽化した内装や設備を新築時に原状回復させるような工事を行います。

 

一方でリノベーションの目的は、建物の性能や機能を向上させるために行います。よって空間のデザイン性や省エネなど、建物の価値を向上させる工事となるのです。特に団地はオーナーによって工事できる内容が異なるので、リフォームを行う方が多いです。

 

団地をリフォームするメリット

 

団地をリフォームすることで、新築時のような住まいに暮らすことができます。築年数が経っている団地は、内装が老朽化していて古臭さを感じてしまいます。また設備も古いものが多いため、そのまま使用すると不便に感じることが多いです。

 

しかし、内装や設備をリフォームすることで快適な空間に仕上げることができます。内装を張り替えることで明るい空間になり、設備を交換することで快適に暮らすことが可能です。

 

水回りのリフォームに注目!

団地のリフォームを行う際は、水回りのリフォームから検討するのがおすすめです。水回りの空間は、湿気が溜まりやすい空間なので内装や設備の老朽化が目立ちます。

 

たとえば、古い団地のトイレは配管をむき出しにしていることが多いです。むき出しになった配管は経年劣化によってさびや汚れが気になるので、トイレが使用しづらくなります。しかし、トイレをリフォームすることで快適なトイレにできます。見た目も気にならないため、安心して利用することができるでしょう。

 

このように団地の設備は老朽化が目立ち使いづらくなります。そのため、水回りのリフォームを優先させるのがおすすめです。

 

水回りリフォームの心得

団地の水回りをリフォームする際に注意すべきポイントがあります。ここでは、注意すべきポイントを3つ解説します。

 

水回りをまとめてリフォームするのがおすすめ

 

水回りリフォームは、まとめてリフォームすることで費用を抑えることが可能です。以下では、部分的にリフォームする費用相場とまとめてリフォームする費用相場をまとめました。

 

水回りを部分的にリフォームする費用

リフォーム内容 費用相場
キッチン(システムキッチンに交換) 42~150万円
風呂(ユニットバスに交換) 65〜150万円
トイレ(便器や内装の交換) 10〜55万円
洗面所(洗面台の交換) 10〜57万円

 

水回りをまとめてリフォームする費用

リフォーム内容 費用相場
水回り全体をまとめてリフォーム

(キッチン、風呂、トイレ、洗面所)

120〜300万円

 

部分的にリフォームする場合は、最大で600万円以上掛かかります。しかしまとめてリフォームする場合は最大で300万円が相場になるため、300万円も費用を抑えることが可能です。

 

団地の水回りは複数の設備が劣化しているケースが多いです。費用を抑えるためにも一度にまとめてリフォームするのがよいでしょう

 

キッチンの位置変更は難しいこともあるって本当?

 

先ほどキッチンの費用相場を紹介しましたが、キッチンの位置変更を行う際はさらに高額になるので注意が必要です。なぜなら、キッチンの位置変更を行う際にキッチンの交換費用だけでなく、配管の移設や内装工事まで必要になるからです。

 

ちなみに壁付けタイプから対面式に変更する際に、55〜200万円が相場となります。キッチンを交換するだけのリフォームに比べて50万円も高くなります。キッチンの位置変更を行う際はさらに高額になることは理解しておきましょう。

 

失敗したくない!設備と寸法の大事な関係

 

古い団地は全体的にサイズが小さいため、新たに設備を設置する際にスペースが足りないといった問題が起こりやすいです。

 

たとえば、浴室にユニットバスを設置したくても寸法が足りないケースがよくあります。ユニットバスは、マンションやアパートの浴室の広さに合わせた規格になっています。

 

しかし団地の浴室はマンションやアパートよりも浴室が小さく設計されているので、規格が合わなくなってしまうのです。そのため、水回りのリフォームを行う際は新たに設置する設備の寸法を確認しておく必要があります。

 

リフォームで暮らしやすさを手に入れよう

団地で快適に暮らすためには、リフォームが欠かせません。団地は築年数が経っているケースが多いので老朽化が進んでいます。特に、水回りは老朽化が進んでいるので優先的にリフォームするのがおすすめです。

 

ただし、水回りをリフォームする際は部分的に行うのではなく、全体をリフォームしましょう。全体をリフォームすることで、大幅に費用を抑えることができます。団地をリフォームして暮らしやすい快適な空間を手に入れましょう。

< 新着情報 TOPへ