0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2021.07.26

洗面所の嫌な臭いはここをチェック!悪臭原因と自分でできる解消法

ふとしたとき、洗面所から嫌臭いを感じたことはありませんか?洗面所の悪臭の原因は、排水口周辺や排水パイプの内部に付着した汚れによるものがほとんどです。今回は、洗面所の臭いの原因や解消法、自分でできる予防法をご紹介します。プロのパイプクリーニングのメリットや、お掃除のタイミングも解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【箇所別】洗面所の臭いの原因と解消法

洗面所の臭いは、排水口・洗面ボウル・排水管など様々な箇所のトラブルが原因で発生しています。臭いは洗面所以外のところから発生している場合もあるため、まずは臭いの原因を突き止めることが重要です。各箇所に適した方法で対処して、清潔で快適な空間を実現しましょう。

 

1.排水口

洗面台の排水口は、「臭いの原因になりやすい場所」と言われています。特に排水口付近は石鹸カス・皮脂汚れ・髪の毛・整髪料などの汚れの蓄積により、カビや雑菌、ヌメリが生じてして臭くなります。排水口の臭いが気になる場合、まずは排水口や受け皿に溜まった髪の毛や汚れを、使い古した歯ブラシで掻き出し取り除きましょう。その後、排水口を覆うように粉状の重曹・クエン酸の順で振りかけます。その上から水を加えることで二酸化炭素が発生し、汚れを吸着して落としやすくしてくれるのです。15~20分程放置したら水で洗い流しましょう。残った汚れは再度ブラシで擦り落とし、最後に水垢がつかないように排水口の周りを乾拭きして完了です。

 

2.洗面ボウルや蛇口

洗面ボウルや蛇口も排水口と同様に様々な汚れが蓄積しやく、雑菌やヌメリが発生して臭くなります。特に蛇口と洗面ボウルの接地面の隙間は汚れやすく、カビが発生していることがあります。洗面ボウルや蛇口の臭いが気になる場合は、「クエン酸スプレー」で対応するのがおすすめです。作り方ですが、まず水200mLにクエン酸小さじ1杯を入れたらよく混ぜます。洗面ボウル全体にクエン酸スプレーを吹き付けたらラップを覆って2~3分放置し、黒ずみが落ちていなければ重曹を振りかけましょう。軽く湿らせたスポンジで優しくこすり、乾いた雑巾で拭き取ります。

 

3.洗面ボウル下の収納スペース

洗面台下の収納部分から臭いを感じる場合、排水トラップの水不足または排水管がひび割れている可能性があります。一般的に排水管の構造はS字状にカーブしていますが、排水トラップとはこの曲がった部分のことです。排水トラップは虫・ネズミ、臭いが上がってくるのを防ぐ重要な役割をしています。しかし長期間使われていないと排水トラップ内の水が徐々に蒸発して下水の臭いが上がるので、定期的に掃除して状態を確認しましょう。プラスチック素材の排水管は長期間の使用でひびが入り、そこから臭いが漏れるので排水管の交換が必要です。修復作業が難しいので、業者に交換してもらいましょう。

 

4.洗濯機の排水ホース

洗濯機の排水ホースには洗濯水・洗剤・髪の毛やホコリなどが流れるので、ヌメリが発生して臭いが生じやすいです。ホースの場合は洗濯機と排水口から取り外して一方の先端にラップを厳重に巻き、もう一方には水で薄めた漂白剤を流し込みましょう。しばらく時間を置いて水で流すと、汚れが取れます。ホースが劣化している際は交換が必要です。ホームセンターやネットなどで手軽に手に入れられます。洗濯機の排水口にも洗面所と同じように排水トラップがあるため、定期的に掃除して水が溜まっているかを確認しましょう。

 

5.タオルやバスマット

洗面所の臭いは、バスタオルやマットなどが原因の場合もあります。同じタオルを数日使っていたり、生乾き状態のタオルやマットを使っていたりすると雑菌が繁殖して臭いの元となります。使用後のタオルやマットは溜めずに洗濯し、よく乾かすようにしましょう。部屋干しによるタオルやマットの生乾き臭が気になる場合は、漂白剤を使ったり煮洗いしたりすると臭いだけでなく汚れが取れやすくなるのでおすすめです

 

だれでも簡単!洗面所の臭いの予防法

洗面所の臭い対策は、事前に適切に対応することである程度防げます。そこでここでは、有効な予防法をご紹介します。いずれも手軽に行えるものばかりなので、今日から取り入れてみてください。

 

1.定期的に掃除をする

臭いは汚れが蓄積することで発生するので、こまめに掃除を行いましょう。洗面台の掃除には専用の洗剤、排水管にはパイプクリーナーを使うことできれいに汚れを落とせます。排水口やゴミ受け、洗濯機の排水トラップなどのゴミは溜まらないように、定期的に取り除いて清潔に保ちましょう。重曹やクエン酸であれば、刺激が強い薬品を使うのに抵抗がある方や、小さな子どもがいるご家庭でも安心して使えるのでおすすめです

 

2.消臭剤を置く

洗面台の気になる臭い対策には、悪臭を和らげてくれる効果のある専用の消臭剤を置きましょう。他に、洗面台に吹きかけることで消臭だけでなく除菌もしてくれるスプレーがあります。しかし臭いの原因を絶つわけではないので、予防策の1つとして考えておきましょう。香りが苦手な人は、無香料タイプのものもあるのでチェックしてみてください。

 

3.冷水を流したり氷を入れたりする

洗面台を長期間使わずにいると排水トラップに溜まっている水が蒸発し、下水の臭いが上がってきます。そのため、排水トラップには常に水が溜まるよう意識しましょう。冷水を10秒間ほど流したり、洗面ボウルに排水口が見えなくなるくらいの氷を入れたりするだけで簡単に雑菌の繁殖を抑えることができるので、ぜひ試してみてください。なお、お湯はカビの繁殖を促進する原因になるので使用しないように気を付けましょう

 

プロのパイプクリーニングなら手間なく清潔に!

ご契約日から3か月間の保証期間中、弊社では何度でもお掃除させていただきます。ここでは、プロに依頼するメリットやお掃除するタイミングを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プロのパイプクリーニングをするメリット

プロにパイプクリーニングを依頼する場合、自分では取り切れなかった臭いを元から解消してくれるというメリットがあります。弊社には経験豊富な職人が多く在籍し、2000件以上の施工実績があるため、お客様に満足していただける内容を提案することができます。施工後のアフターメンテナンスも行っているので、安心して依頼できるでしょう。

お掃除のタイミングかも…ここをチェック!

お掃除をするタイミングの目安としては、「洗面所などの排水口から嫌な臭いがする」「排水の流れが悪くなった」「水を流したときにボコボコ音がする」「2~3年排水口の掃除をしていない」などです。弊社では洗面所だけでなく、浴室・台所・トイレなども含め、一戸建てまるごとお掃除させていただいております。そのまま放置すると汚れや臭いが酷くなり、結果的に業者に依頼した際の施工費用も高くついてしまうので、早めの対応が必要です。電話はもちろんのことWEBでお問い合わせも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

 

< 新着情報 TOPへ