0120-074-158 株式会社エコアート

新着情報

2021.03.21

和室などをガレージにリフォーム!メリット、価格相場も紹介

駐車場もお金かかりますし、家の中にガレージがあれば便利かと思います。家族のかたちの変化に合わせて、中古物件の購入後に、またはリノベーションに、1階にある和室をビルトインガレージにすると生活が豊かになります。今回はビルトインガレージについて、設置した際のメリット・デメリットやおおよその価格相場をご説明します。

 

ビルトインガレージとは

ビルトインガレージとは、建物の一部にある車の格納スペースを指します。屋根やシャッター、ドアなども設置されており、家から直接ガレージに出入りすることが可能です。雨や雪などに濡れる心配もなく、直射日光も避けられるので車に乗るときも楽になります。いたずらや盗難などの犯罪に巻き込まれる心配もありません。

新しく建てたれている住宅はビルトインガレージなど施設内にガレージがあることが多く、野外ガレージも減少してきています。今もなお、野外ガレージをご利用なら、空いた和室などのお部屋をガレージにするリフォームでお天気が悪い日でも快適にガレージを利用できるようにしませんか?

 

ビルトインガレージのメリット・デメリット

リフォームすることで良いことも多いですが、住居スペースをガレージにするためデメリットもあります。メリットとデメリットの両方から検討してくださいね。

 

メリット1.車が汚れない、傷がつかない

屋外に置いていると雨風や砂嵐などにより、車が汚れることや傷がつくことがあります。ビルトインガレージは屋内に車を格納するため、それらから車を守ってくれます。大事な車を長くきれいに保つことができるため、洗車の頻度も減るでしょう。

 

メリット2.防犯効果もあり

屋根やシャッターがあるため、周りから侵入は難しいです。人為的に傷がつけられることやタイヤなど部品だけを盗まれるなど、防犯上の心配も減ります。

 

メリット3.趣味に没頭できる

とくに車好きの人にはおすすめです。ガレージがまるで趣味部屋になります。車を眺めるだけでも良いですし、メンテナンスやカスタマイズをゆっくりできる空間ができて、時間を忘れることができるでしょう。

 

メリット4.金銭的にもお得

リフォーム代はかかりますが、ビルトインガレージの面積が延床面積の5分の1以下の場合、床面積として計算されないため固定資産税が安くなります。税制面でもお得というわけですね。

 

デメリット1.家の中での騒音問題・排気ガスの問題

エンジンをかけたときに音や排気ガスがこもるため、騒音問題や排気ガス問題が出てきます。深夜や早朝に車のエンジンをかけるときには注意しましょう。シャッターも手動の場合、勢いよく開閉すると音がうるさいです。また、排気ガスが屋内に溜まってしまい健康の問題も出ることもあるため、換気扇や窓などをつけて対策をしましょう

 

デメリット2.住居スペースが狭くなる

和室など部屋をガレージにすると、今まであった空間がなくなるため住居スペースが狭く感じます。実際狭くなるため、今後の住居の使い方やライフスタイルも、リフォーム前に考えておいてください。

 

デメリット3.耐震性が低下する

1階部分の壁が少なくなるため、耐震性が弱くなる可能性があります。壁や柱など家全体を支えるものが減るので、家全体のバランスが悪くなるためです。リフォーム会社と相談して問題ないリフォームをしましょう。

 

主なシャッターの種類3タイプ

シャッターのタイプには主に3つがあります。お値段や環境、住宅の状態などと合わせてお考えください。

 

巻取り式シャッター

昔からよく見るタイプのシャッターで、開けたときに上部でシャッターを収納します。スペースを摂らないため設置しやすいというのがメリットですが、開閉のときに音がうるさい・スピードが遅いというデメリットもあります。住宅街など隣近所が密接している場合、あまりおすすめはできないタイプです。

 

オーバースライド

シャッター部分を開けると、そのまま天井に向かって収納されます。巻き込み式とは違って、開閉のときに音が静かです。シャッタ部分を収納できるだけの高さを用意する必要があります。設置できるかどうか、リフォーム会社にご相談しましょう。和室などお部屋のリフォームではできない可能性があります。

 

スイングアップ

スイングアップとは、洋画でも見られるようなガレージの天井に沿ってひらく日本ではあまりないタイプです。3タイプのなかで大変静かなのですが、シャッター部分がスイングして開くので、開閉のスペースが必要・開閉時の危険性があります。設置が難しく危険もあるので、日本ではあまり採用されることはありません。

 

ビルトインガレージの価格相場

ガレージスペースの広さや住宅の状態によって異なります。和室などのお部屋をガレージにリフォームした場合60万円〜240万円ほどと幅があり、平均相場は約100万円から150万円です。施工内容やリフォーム会社によって費用はかわるので、見積もりをとってみるとよいでしょう。

弊社でも、ビルトインガレージにする改修など、幅広いリフォームをおこなっております。お問い合わせいただければ、まずスタッフがご相談にお伺いします。そのうえで住宅の状態を見せていただき、見積もりを出します。

まずはお電話やメール、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

< 新着情報 TOPへ